実話を基に作り上げた笑いと感動のスポ魂ドラマ

1996年、冬季オリンピックを韓国の地方都市・全羅北道茂朱(チョルラプット)に誘致するキャンペーンの一環として、正式種目であるスキージャンプの国家代表チームが急遽編成されることになった。

しかし、国内では決してメジャーとはいえないスキーのジャンプ競技。本格的なトレーニングも導入されておらず、選ばれたメンバーは、母親探し、兵役逃れ、コーチの娘を口説きたい…など不純な動機で集まったジャンプ未経験の素人ばかり!

コーチに任命された元子供スキー教室の講師・パン・ジョンサム(ソン・ドンイル)の元に集まったメンバーは、幼い頃に養子として渡米し、実母を探しに再び韓国に戻ってきた元ジュニアアルペンスキーのアメリカ代表選手・ボブ(ハ・ジョンウ)、ドーピングでメダルを剥奪された元スキー選手で女好きのクラブ従業員・ホンチョル(キム・ドンウク)、父に頭が上がらない焼肉屋の息子ジェボク(チェ・ジェファン)、家庭の事情から幼くして稼ぎ頭として家族を支えてきた無口な少年家長チルグ(キム・ジソク)、そんな兄を心から愛する弟ポング(イ・ジェウン)と、一癖も二癖もある人生の負け組みばかり!

コーチのパンはメンバーを前に宣言する。「実母と住む家が必要なボブにはアパートを提供、愛と扶養家族のために彼らと一時も離れることはできないホンチョル、チルグ・ポング兄弟、そしてジェボクは兵役を免除する!」と。ただし、そこには金メダルが取れたら、という厳しい条件が…。

案の定、彼らが直面した現実は厳しかった。そもそもスキージャンプ(Ski Jump)の綴りもあやふやなコーチ、ジャンプの経験が一度もない国家代表選手たち、立派な練習場や器具もなく、彼らはバイクのヘルメットと工事現場の安全帽をかぶって、命がけの訓練に臨まなければならなかったのだ。

オリンピックへの出場権を獲得するためには、オーバーストドルワールドカップで8チーム中の6位以内に入らなければならない。外国選手のあざ笑いと無視にも屈せず練習の成果を出そうと最善を尽くす韓国代表チームだが、想像外のアクシデントが起きたため成績は散々なものに。

しかし!思わぬ展開から長野冬季オリンピック出場資格を得ることになるのだった。しかし、チーム結成の目的であった冬季オリンピック開催の誘致には失敗し、代表チームは解体の危機に陥る。軍免除のために、母を探すために、そんな個人的な事情を越え、スキージャンプに対する愛情と情熱、そしてチャレンジ精神だけで競技出場を待ち望むが…。